建物管理ネットショップとは?

「ネットショップ・ECサイト」という名称はよく聞くけれど、そもそもどんなことを指すのか?

そして、建物管理ネットショップと何なのか?

どのようなメリットやデメリットがあり、どうやってはじめるのか?

そのあたりについて、もうすこし正確に知りたい、という方もいらっしゃると思います。

そこで、この記事では、ネットショップとはなんなのか?という基本的な知識と、弊社が展開している建物管理ネットショップ「BMクラウド」をご紹介し、はじめてネットショップを考えている方に知っておいていただきたい情報をお伝えします。

目次

ネットショップとは?

ネットショップとは、インターネット上で商品を販売するWebサイトのことをいいます。

また、ネットショップ = ECサイトとしてとらえられていることも多いです。

近年では、ネット環境や通信機器の発展、電子決済の普及などによって、ECサイトを利用する企業や個人が増えています。

また、ネットショップで販売すると聞いてまず思い浮かぶものは何でしょうか? 

飲食料、有名アパレル会社のストア…などそれが何であれ、形のある商品を思い浮かべたと思います。または、グッズを自分で製作して販売するスモールビジネスを想起した人もいるかもしれません。

確かに、EC市場規模で見ると物販系の形のある商品を取り扱うネットショップは、EC市場規模の過半数を占めていますし、実際に有形のものを取り扱っているEC事業者がほとんどです。

しかし一口に「商品」といっても、自社のサービスや体験、そして今話題となっているオンラインサロンのメンバーシップのような形のないものを販売するサービス分野のECも存在しますし、有料音楽配信や、電子出版や有料動画配信などのデジタル分野のECも存在します。

デジタル分野のECサイトの代表例は、映画やドラマなどの動画配信を配信しているNetflixや音楽配信をしているspotify、そして動画配信者が閲覧者に向けてデジタルコンテンツを配信しているYoutubeなどがあります。

サービス分野のECサイトの代表例は、自分の空き部屋を提供する人と旅行で宿を探している人をマッチングしているAirbnbや、イベントのチケットを販売するチケットぴあ、旅行の宿泊先や飛行機のチケットをパッケージで販売しているHISなどがあります。
また、弊社ネットショップ「BMクラウド」もサービスを商品として取り扱っているため、サービス分野のEC事業者の位置付けです。

2020年には、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で「旅行サービス」、「飲食サービス」、「チケット販売」の市場規模が大きく縮小してしまいましたが、現在はヨーロッパ各国ではマスクの装着義務がなくなり、海外旅行者の受け入れもわずかではありますが、再開し出していています。今後はさらに海外旅行をするユーザーも徐々に復活し、サービス分野のEC市場規模も2019年と同等以上になるでしょう。

経済産業省の「電子商取引に関する市場調査」に関する報告書によると、2020年のECサイトの市場規模は、19兆2,779億円でした。

BMクラウドとは?

先ほど、弊社ネットショップ「BMクラウド」はサービス分野のEC事業とお伝えしました。

では、BMクラウドとは、具体的にどのようなサービスを扱っているのでしょうか?

BMクラウドは、定期清掃、法定点検、建物軽作業、緊急対応、補修、リフォーム、原状回復ハウスクリーニングなどのサービスを取り扱っています。端的に言えば、BMクラウドは、賃貸住宅の管理に必要な全てのサービスが揃っている建物管理に特化したネットショップです。

BMクラウドは、弊社がすべてのサービスを提供するのではなく、建物管理業者様がサービス提供者としてネットショップを開設していただき、管理会社やオーナー様にサービスを提供する仕組みです。

BMクラウドの基本的な運営業務は?

BMクラウドはネット上に小売店を出すのと同じですので、さまざまな業務が発生します。

 業務内容概要
 集客通常のネットショップでは、ネットにお店をひらくだけでは誰も購入してくれません。「BMクラウド」は、管理会社1,100社、オーナー所有物件7,000棟に既に導入されていますので、集客に強みを持っています。
* 管理会社・オーナーは、常に増加しています。
 商品登録ネットショップでは、情報だけで商品を購入してもらう必要があります。そのため、商品名や説明文、画像なども一つ一つ力を入れて丁寧に作っていくことは重要な業務です。
「BMクラウド」では、ネットショップを開設すると、BMクラウドの人気商材がセットアップされていますので、商品登録の手間もありません。

また、セットアップ商材だけでは物足りない業者様向けに商材追加ができますので、オリジナルのネットショップを築き上げることも可能です。
 受注管理BMクラウドでどのようなことができるか調査
 在庫管理・発送商品が売れるようになってきたら、在庫管理も非常に重要です。在庫が切れてしまうと機会損失につながります。
「BMクラウド」のようなサービス分野のEC事業は、仕入リスクはありません。
 売上管理日々の売上を管理して帳簿をつけていきましょう。売上を正確に把握することで、仕入れ資金や投資資金が見えてきますし、無駄を省くこともできるようになります。
「BMクラウド」は、ネットショップの売上/履歴を管理できる機能があり、さらにはダッシュボード化により売上の見える化が実現できます。
 顧客管理ネットショップで成功する鍵は「リピーター」の獲得も非常に重要なミッション。購入してくれたお客様の情報を把握することで、顧客の傾向や好みも把握することができます。
「BMクラウド」はどのような強みがあるか?

BMクラウドのネットショップ開設の効果、メリット

ネットショップを開設することには、以下のような効果やメリットがあります。

・安価でかんたんにはじめられる
・より多くの管理会社やオーナー様がお客様に!
・運営しながら他のこともできる

これからネットショップの開設を検討している方に向けて、上記の3つの項目をもとに、具体的なメリットを解説していきます。

メリット1. 安価でかんたんにはじめられる

ECサイトのメリットは、誰でも安価でかんたんにはじめられる点です。

BMクラウドは、初期費用・月額費用が0円で始められます。

もちろん、webサイトの立ち上げに必要なサーバー費用・ドメイン費用・開発費用なども一切かかりません!

メリット2. より多くのオーナー・管理会社がお客様に

ネットショップを運営することによって、多くの管理会社やオーナーにリーチすることができます。

既存の方法では、営業をするターゲットに営業をして営業を行ったターゲットの数%のみが顧客となります。ところが、ネットショップを持てば営業活動の他に、サービスを利用したい管理会社やオーナー様がいるため受注確率がグンと上がります。

このように、ネットショップを持つことによって販路拡大につながるため、これまで「営業ができていなかった」層にもサービスをアピールできます。

このほかにも、ネットショップであれば、365日24時間受発注ができるので、効率よくサービスを販売できるのもメリットといえるでしょう。

メリット3. 運営しながらほかのこともできる

ネットショップは、基本的に24時間365日営業可能です。

つねに稼働した状態になっているため、ネットショップで販売しながら、営業やほかの副業に時間を割くこともできます。また、受発注などにかかる人的コストの削減にもつながるでしょう。

基本的に、パソコンがあればはじめられるので、時間を有効活用しやすいのもメリットの一つです。まずは、本業と並行してネットショップをはじめてみるのもいいでしょう。

以上で、ECサイトの基本的な知識、BMクラウドのご紹介、BMクラウドのメリットをお伝えしました。


メリットの1つ目にもあるように初期費用・月額費用が0円でサービスを受注した際の手数料以外には費用はかかりませんので、お試しでBMクラウドのネットショップを開設してみるのはいかがでしょうか?